病院
Heartpia

対策する

医者

自分の感情というものは、自分が一番よく知っているものです。ただ、時にその感情がよく分からなくて不安に思うこともあるでしょう。自分の感情に対する気持ちは人によって異なります。人の性格も一人一人違います。そのため、自分の行動や気分に極端に変化する人も少なくありません。ただ、その極端な気分に合わせて行動することで日々に支障をきたしているという人はパーソナリティ障害の恐れがあります。この障害が具体的にどのようなことか分からないという人は、その症状や種類について把握することが大切です。

パーソナリティ障害は、治療する事も可能です。ただ、ある程度の期間を必要とするため集中的に治療したいという人は、入院療法を行うことが大切です。また、この障害は自分では気づきくいため周りの人が入院治療をすすめることも大切です。パーソナリティ障害がひどくなってくると自傷行為を起こすこともあります。そのコントロールが難しいと感じたり、現実と空想の認識ができず、記憶錯誤があるようになると早めに入院治療を行う必要があります。入院治療では、その間薬物療法や心理療法を受けることができるため、体と心を休めることが可能です。また、一時的に治療に励むことにより、パーソナリティ障害で起きる問題の対策を行うことも可能です。

パーソナリティ障害になると、社会的活動があまり行えなくなる可能性があります。理由には周りとの信頼関係を築くのが難しく社会に円滑に馴染めないからという点が挙げられます。また、自分に対して否定的な感情を起こす症状もあります。この障害は遺伝子的や外からの要因が重なることで起きやすい障害です。そのため、自分で防ぐのが難しいとも言われています。自分で防ぐのが難しいからこそ治療が大切です。パーソナリティ障害は、自分の社会的環境に影響を与えることがあります。

パーソナリティ障害かどうか自分で判断することは難しいです。また、障害によって自覚症状も変わってくるため一概に自分でパーソナリティ障害かどうか調べることは難しいです。ただ、パーソナリティ障害でも特に多い、スキゾリティパーソナリティ障害は自分で診断することも可能です。家族や友人など含めて、より仲良くなろうと思わないまたは、そのような関係になっても楽しく感じないという人やずっと独りの状態で行動することに好感があるという人、喜びを感じないという人やそれが希少だという人、親友だと呼べる人がいないという人や、どのような自分の評価にも興味が無いという人、感情に起伏のない人、これらの項目に複数当てはまるときはスキゾリティパーソナリティ障害の可能性があるため注意が必要です。この症状が現れてくると、自分以外に興味を持てなくなったり、誰かといることに恐れを感じることもあります。そのため、自己が束縛されることを過剰に嫌う恐れもあります。

自分の人格を把握する

診察

性格が極端に人と違うという人はパーソナリティ障害の可能性があります。この障害は種類によってその性格の傾向が変わってくるため注意が必要です。自分の性格がどういう性格か把握することが大切です。

早めに把握する

カウンセリング

パーソナリティ障害は、予防することが難しいです。この障害の症状は、自己否定を繰り返したり、周りの環境に影響を与えたりと様々です。症状の改善を行うためには治療を行う必要があります。

どのように抑えるか

女性

パーソナリティ障害は、医師との相談の元治療方法が決まってきます。この障害は薬物の投与で治すことも可能です。ただ、一時的に改善する効果のため、医師との相談も改善するには必要です。