病院

早めに把握する

カウンセリング

パーソナリティ障害はそれぞれ原因が変わってきます。そのため、一概にこれが原因と予防することもできないのです。また、この障害は性格的な問題が関わってくる事から、予防しにくいという特性もあります。基本的にこの障害は遺伝子による問題から起きるのではと言われています。ただ、遺伝子だけで起きるのではなく、環境的要因もあるのではと考えられています。このようなパーソナリティ障害は、その人とは変わった性格から人との信頼関係を築くのが難しいといわれています。というのも、性格で人を過剰に傷つけたり、自分に傷を負う可能性があるからです。そのため、パーソナリティ障害の改善を図るためには、具体的にどのような症状が起こるのか把握することが大切です。

パーソナリティ障害になってしまうと、感情のコントロールを行うことが難しく、自分の感情で突発的な行動や人と接してしまうため、あらゆる状況に影響を与えることがあります。自分の感情をコントロールすることは確かに難しいことです。ただ、それを制御できずに常にその感情のまま行動してしまうと自己や他人に影響を与えてしまうのです。でも、パーソナリティ障害だからといって性格が悪いというだけではありません。人それぞれにある感情が突出してかけ離れているのです。それが極端に現れるため周りから否定されることもあります。社会的な環境で生活する以上、人に対してある程度の信頼関係を築く事は大切です。ただ、この障害になってしまうと、閉鎖的になってしまうことも多く人と関われないということもあります。

パーソナリティ障害になると、多くの人がやってしまうのが、自分を責める行為です。自分の性格が変わっているからいけないんだと自己否定を繰り返します。ただ、それを繰り返してしまうと極度の不安状態に陥るため身体的に悪影響を及ぼす危険性があります。この障害の人はストレスを感じることが多く、健康面にも影響を受けることがあります。ストレスを受けることに対して、あらゆる感情がでてきてしまうとさらにこの障害の症状を受けることもあります。

パーソナリティ障害は他人の目が異様に気になるという感情で人の心に閉鎖的になる場合があります。このような障害は、現在社会的に認められるようになってきています。ただ、この障害を持った本人自身が人の目を気にしてしまう事で社会的活動をおこなえないという事もあるのです。性格はあらゆる状況で問われてきます。その際に自分のせいでその状況を壊してしまったらと考えると行動できない人も少なくないのです。より活発に社会的な行動を行うためにもなるべく周りの人が気にかけ対処することが大切なのです。